性病検査キットで症状特定しよう~ボディトラブル解決マニュアル~

医者

早めの検査で症状を特定

女性

性病の自覚症状がないときは治療をすることを考えないので、そのまま放置して他の異性と性行為をすると更に感染を広げてしまう可能性があります。性病になるのは性行為をするだけではなく、その他にも相手の粘膜と絡み合う行為をすることでも感染するリスクが高まってしまうのです。性行為以外に感染してしまう代表例として素股プレイや普通のキス、オーラルセックスなどが挙げられています。性行為以外でも性病の人と一緒にお風呂ヘ入ることで感染してしまうことがあります。性病になると性器部分に痒みや腫れ、痛みなどを感じるので、それを放置していると軽症から重度なものになる可能性もあるので、早めに性病検査キットなどで性病にかかっているのかどうかの検査をすることが必要です。性病検査キットは病院ヘ行くこともなく、自宅ですぐに調べることができることから人気が高まっています。

また性病検査キットは病院で受ける検査のように精度が高いとされているので、これなら安心して性病検査をすることができるでしょう。中身が何か分からないように郵送してもらうことができるので、この方法なら配達員にも知られることもありません。性病検査キットで症状を調べるときは採血や尿、咽頭や膣分泌物から症状を特定することができます。性病検査キットには分かりやすい説明書もついているので、それを見ながら検査していくと良いでしょう。検査自体は自宅で行なうことができますが、性病の治療は専門病院へ行って行ないましょう。日本全国に性病治療をする病院がありますが、その中から自分に合う病院選びをするときはインターネットで情報収集をしておくことも一つの方法です。